製造業の大変さについて

製造業という業務のイメージですが、やはりとても大変であるというイメージが強いです。
製造業の場合、やはり末端の工場などがイメージされます。
上のメーカーなどに言われて、納期などを守らなくてはいけませんし、またさらには言うとおりに振り回されることもたくさんあると思います。
また、ライバルとの競合もあると思います。
たくさんの製造業がある中で、シェアを占めているところはいいですが、なかなか受注がないと、赤字になってしまう可能性もあるので、今の時代はとても大変だと思います。
また、肉体労働的な大変さもあると思います。
こうした製造業の場合、まず、肉体が資本となることが多いと思います。
たとえば、工場などの製造現場の場合、ずっと立ちっぱなしの労働となることも多いですし、また今は人件費を削減しなければならない現場などもたくさんあると思いますので、こうした現場では労働環境なども著しく悪くなっていると思います。
こうしたことから、こうした製造業と言うのは、非常に苦しいイメージがあると思います。
しかし、ものづくりというのは、日本においてなくてはならない産業であるということは確かですし、こうした製造業があるからこそ社会は回っているのです。